スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初・他作品感想

初めて他の作者さんの作品の感想を書いてみたいと思います。
俺自身がなんだかwktk

初めて感想を書く対象は
( ^ω^)たちは柔の道で超えるようです
です。
ネタバレ注意です。


おいコラ、バトロワ見てるか。
チンコー。
この作品は、タイトルの通り「柔道」をテーマに書かれた作品です。
舞台はインターハイ予選の決勝。
柔道の試合を通して各々のキャラの成長や人間性を書く、スポ根人情物?みたいな?違うか。

作者は◆I40z/j1jTU。
成長度の高さで定評のある◆I40z/j1jTU です。
通り名はバトロワだか、ペドロリだか。

さて、柔の道ですが。
この作品には作者の得意とする「キャラの深さ」が主だって出ている気がします。
まぁ、そのキャラをテーマに書かれているわけですから当たり前っちゃ当たり前なんですけどNE!


イジメから柔道によって立ち直るドクオ。
自分の柔道を信じて止まないギコ。
周りとの差から来る挫折、それに立ち直ったジョルジュ。
中学のライバルとの柵を乗り越えたブーン。
仲間の信頼を胸に、自分自身を乗り越えたショボン。
そして、選手達を信頼しつつも過去の失敗で踏み出せないでいたミルナ先生。


深く掘り下げられたキャラ達の関わりが、試合中に入る日常の振り返りによってわかりやすく、
尚かつ感情移入をしやすいように書かれています。


じゃぁ、いっちょいきますか。
俺の、最後の技をかける。



ジョルジュの話で俺が一番気に入ったシーンです。
この作品は一人称で書かれているからなのか、何気ない地の文1つ1つがやたら燃えるんです。
選手とミルナの移り変わる一人称が、また作品の世界に入り込みやすい原因の一つなんでしょうね。

ただ一つ惜しむべきは、所々に漢字の変換忘れがあるところですかね。
だけど、それも大して気にならない程度なので、サクサクと読めると思います。

高校時代に柔道部だった汗くさいバトロワが送る、汗くさい柔道ストーリー。
でもどこか爽やかで、気持ちの良い読後感を与えてくれます。
完結の時は思わずパソコンの前で盛大な拍手を送りそうになりました。送ってないけど。



俺も剣道の作品書こうと思ってたら先越されて涙目。
いっそのこと「( ^ω^)たちは剣の道で超えるようです」でも書いてみようかな。
俺自重。

そしてバトロワの次回作にwktkなんです。
それではそれでは。
スポンサーサイト

comment

Secret

漢字の変換は忘れたんじゃなくて読みやすいようにしてるんだとオモタ
剣道やってたのか村人!

コメント数激減でちょっと涙目w

こうして客観的に見てもらうと、自分がどんな作品を書いていたかよくわかる。ありがとう。
でもね、そのセリフジョルジュじゃなくてギコなんだよゴルァ!!

変換ミス、誤字脱字はもはやデフォになってきてるから困る。

>>マイケルさん
そうか、読みやすさのためかもしれんのですね。
もしそうだとしたらバトロワに申し訳あばばばば。

剣道はもう12年くらいやってます。
絡まり合うの時にちょっと使わせてもらいました。


>>バトロワ
YABEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
そうだよ。確かにギコだよ。バカ野郎。
むしろお前がジョルジュのシーンであの台詞を使えば良かったんだバカバカ><
誤字は推敲して気を付けようZE!
新作にwktkしてんぞ。
プロフィール

そばばばーん

Author:そばばばーん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。